乳酸菌の代表と言われるのも納得のパワー

ビフィズス菌とその働きについて

乳酸菌が豊富な食材

ビフィズス菌とは人の体に有用な効果をもたらしてくれる善玉菌の一種で、私達の体の腸内に常在しています。

主な働きとしては糖を分解し、酢酸やギ酸、乳酸を生成します。これらの成分は、大腸菌やウィルスなどの増殖を抑えてくれます。

さらに、ビタミンKやB類などの類の合成も促進します。健康効果の高いビフィズス菌ですが母乳にも多く含まれ、乳児の免疫力を高めてくれています。母乳で育てられる乳児の死亡率が低いのもこのためです。

最近では、このビフィズス菌の働きが注目され、活性させる物質が粉ミルクに添加されていることもあります。

実はすごい!ビフィズス菌の効果

ビフィズス菌には、具体的にどのような効果があるのでしょうか?現在、様々な研究が重ねられていますが、主に以下のような効果が期待されています。

  • 腸内環境を整える
  • 肌の調子を整える
  • 新陳代謝を活性化する
  • 美容効果
  • がんの予防・改善

これ程までに多くの効果が期待されています。ビフィズス菌を増殖、活性化して内側から健康な体を目指したいですね。

効果を引き出すために活性化を促す

カプセル

近年、ビフィズス菌が配合されたヨーグルトやサプリメントが多く市販されるようになりました。どうすればその効果を最大限に引き出せるのでしょうか?

ただ単に、ビフィズス菌が含まれるヨーグルトなどを摂るだけでは不十分です。というのも、胃腸を通過する際、強い胃酸などの消化液にさらされ、大半は死滅してしまうからです。

また、菌そのものだけでなく、ビフィズス菌を活性化する物質を摂る必要があります。最近は腸まで届く特殊なカプセルで作られたサプリメントや、働きを活性化してくれる物質がたっぷり含まれたサプリメントが市販されています。こういったアイテムも上手に取り入れてみたいですね。

このページの先頭へ