善玉菌と悪玉菌の争いが健康を左右する

腸の健康を左右する菌の戦い

私達の体には様々な細菌が常在しているのをご存知ですか?特に腸内に多く、私達の体を健康な状態にキープするのを助けてくれています。

善玉菌と悪玉菌って何?

私達の体に常在する400種類、100兆個以上の細菌についてご紹介します。

善玉菌
私達の体に有用な働きをするのがこの善玉菌です。乳酸菌をはじめ、ブルガリア菌、ビフィズス菌などが含まれます。これらは有害な物質やウィルスなどを排出・殺菌し、腸内環境を整えてくれます。
また、食べ物を分解・消化し、ビタミン類の合成をサポートしてくれます。健康な体を維持するにはこの善玉菌が欠かせません。
悪玉菌
呼吸や食べ物など外部から取り入れられたものにより、腸内には悪玉菌も存在します。私達の体に悪い影響を及ぼすものです。
悪玉菌にはウィルスやブドウ球菌、大腸菌などが含まれ、ほとんどが病原性だと言われています。増殖すると健康バランスが保てなくなり、腸内が腐敗し始めます。免疫力も低下し、便秘や下痢をはじめ様々な症状が出るようになります。
また、硫化水素やインドールなどの発がん物質も生成され、発がんのリスクも高まります。

腸内環境を正常化して健康な体を作ろう

元気な腸

善玉菌と悪玉菌は常に勢力争いをしています。食べ物や体の状態などにより、どちらかが優勢になり、もう一方が劣勢になります。

健康な体を維持するには、常に善玉菌が優勢を保っていることが必要です。善玉菌を増殖し優勢な状態を保つためには、活性化するための物質をたくさん摂ることです。

例えば、味噌、醤油、ヨーグルトなどの発酵食品には、そうした物質がたくさん含まれています。加えて、規則正しい生活、十分な睡眠、バランスの良い食事を摂ること、適度な運動をすることを心がけることで、善玉菌が増殖しやすい環境を作ることも助けとなります。

ぜひ、善玉菌を増やして内側から健康な体作りをしましょう。

このページの先頭へ