日夜増え続けているため最新の研究データを参考にすべき

知っておいて損はない!乳酸菌の種類と働き

ヨーグルト

乳酸菌と一口に言っても、何百、何千種類とあるのをご存知ですか?まだまだ発見されていないものも多く、日夜研究が続けられています。

当然、種類によって働きなどは異なります。私達の生活と関わりの深いものをご紹介しましょう。

ビフィズス菌
一度はこの名前を耳にしたことがあるのではないでしょうか。乳酸菌と言えば、このビフィズス菌ですね。
ビフィズス菌は私達の腸内に存在します。免疫力を高め、ウィルスや病原菌から守ってくれています。大腸菌の増殖を抑えてくれているのも、これのお陰。
コッカス菌
コッカス菌は余分なコレステロールの排出や免疫力をアップする働きをしています。血中のコレステロール値の少ない人には、コッカス菌をはじめとする腸内細菌が多く存在することが分かっています。
ラブレ菌
塩分や酸に強い乳酸菌です。胃酸にも耐えられることから、生きたまま腸まで届くことが出来る植物性のものです。京都の漬物、すぐき漬けにも豊富に含まれています。
EF乳酸菌
今から50年前以上に発見された乳酸菌で、免疫力特に白血球の働きを強化する効果が高いのが特徴です
ヤクルト菌
胃液や腸液に強い乳酸菌です。あの有名な飲料ヤクルトにもたっぷりと含まれています。胃酸などに耐性があるため、何度も繰り返し培養が行われ、今に至っています。
植物性乳酸菌
生きたまま腸まで届くためには、胃酸などに負けない耐性が必要です。生きたまま腸に届いた乳酸菌が体内のバランスを整える働きをプロバイオティクスと言います。
近年、話題になっているこのプロバイオティクスによく利用されるのがこの植物性のものです。消化不良や便秘、下痢などの腸のトラブルを解決します。

解明されていないメカニズムも多い乳酸菌ですが、私達の体内のバランスを整えてくれる働きをしてくれています。ぜひ、体内の働きを活性化し、内側から健康な体を作りましょう。

このページの先頭へ