乳酸菌を飽きずに摂取するために

飽きずに食べ続けるために

ヨーグルト

乳酸菌が含まれる食品の中でも、特に乳酸菌が豊富に含まれているのがヨーグルトです。そもそも作られたのは紀元前3000年前、つまり今から5000年程前だと言われています。牛乳が自然に発酵したものが発見され、それからヨーグルトとして人々の間で親しまれるようになったようです。

ヨーロッパを中心に作られるようになったヨーグルトですが、その健康効果が認められたのは比較的最近のことです。1900年代初頭に、ロシアの学者がブルガリアのヨーグルトに含まれる乳酸菌の健康効果が高いということを発見してから、爆発的に広がり世界中で親しまれるようになりました。

日本では4世紀頃に伝わったと言われていますが、初めは薬として用いられていたようです。1960年から70年にかけて一般家庭でも食べられるようになりましたが、発売当初は「すっぱくて食べにくい」と売れ行きはあまり良くなかったようです。

現在、多種多様なものが市販されており、それぞれ効果や味、風味が異なります。健康効果が高いと言われる食品ですから、ぜひ自分に合ったものを見つけて毎日食べて元気な体を作りたいですね。

日本のヨーグルト

一般的に日本で市販されているヨーグルトをご紹介します。

プレーンヨーグルト
糖分ゼロの日本で最もポピュラーなヨーグルトです。ハチミツやオリゴ糖、ジャムなどと一緒に食べたり、料理やお菓子を作る際に使われることもあります。
ハードタイプ
小分けのカップに入っている固めのヨーグルトです。砂糖が多く添加されていますので、プレーンヨーグルトより食べやすくなっています。
ソフトタイプ
砂糖やフルーツソースなどが加えられ、食べやすいヨーグルトです。他のヨーグルトに比べ、とろりとしています。
ドリンクヨーグルト
「飲むヨーグルト」です。パック入りで飲料として販売されています。
フローズンヨーグルト
アイスクリームのように凍らせてあるヨーグルトです。ヨーグルトが苦手な方も食べやすいヨーグルトです。

好みに合わせて選ぶことが出来るのは嬉しいですね。ぜひ、毎日食べて元気な体をキープしましょう。

このページの先頭へ