乳酸菌をたっぷり含む健康食品

乳酸菌たっぷりのヨーグルト

ヨーグルト

ヨーグルトは健康効果の高い食品として、古くから人々に愛されてきました。とは言え、実際にどんな効果があるのか一般的にあまり知られていないようです。

ここでは、そんなヨーグルトが秘めている健康パワーについてご紹介します。

世界各国様々なヨーグルトがあり、土地が違えば風味や効果も異なると言われています。ヨーグルトにはブルガリア菌、サーモフィルス菌、ビフィズス菌など様々な細菌が使用されています。これらの細菌は牛乳を発酵させる働きがあり、独特の食感や風味を与えます。

さらに、牛乳が発酵する際、酸性の物質を生産し腐敗菌の繁殖を抑える働きをしています。牛乳よりも保存性が高いのも特徴のひとつです。また、乳酸菌の働きで牛乳よりも消化吸収されやすくなります。体調が悪い時や下痢、便秘の時にヨーグルトを食べると良いと言われている理由でもあります。

こうした働きにより、ヨーグルトに含まれる細菌、主に乳酸菌は善玉菌と呼ばれることもあり、腸内環境を整えてくれます。免疫力を高め、病気を予防・改善する効果も高いのも特徴です。

食べ方変えて毎日摂ろう!

健康効果の高いヨーグルトですが、数日食べた位では高い効果を得ることは難しいと言えます。より高い効果を長続きさせるため、毎日欠かさず摂りたいものです。とは言え、「苦手」という方もいらっしゃるかもしれませんね。ほとんどヨーグルト独特の風味や食感を感じることなく、食べられる方法をご紹介します。

ヨーグルトご飯
「ヨーグルトとご飯?」と不思議に思われるかもしれませんが、意外と合います。ご飯を炊く際、1合に対して大さじ1のヨーグルトを入れましょう。味は全くありませんがおこげが出来て、風味良く仕上がります。
肉料理の下ごしらえに
肉料理を作る前に、ヨーグルトを絡めておきますと肉が柔らかくなり臭いも消えます。この原理を応用したのがインドのタンドリーチキンです。
ヨーグルト酢飯
米一合にヨーグルトと酢それぞれ100ccを加えます。マイルドな仕上がりになります。

いかがでしょうか?工夫しながらヨーグルトを毎日摂って健康な体を作りましょう。

このページの先頭へ